色絵芙蓉手大皿

色絵芙蓉手大皿

色絵芙蓉手大皿

1650-1660年代

初期色絵の輸出向きの大皿です。
染付の芙蓉手は、明末の萬歴模様の大皿を模して、大量にオランダ東インド会社から、欧州に輸出されました。しかし、この色絵の大皿はそれに比較して、数は少なく、きれいな
仕上がりになっています。
裏の高台内に、赤絵で福の銘があります。
Gallery Togeisha
〒154-0024
東京都世田谷区
三軒茶屋2-51-11
TEL 03-3422-3264
contact@gallery-togeisha.com