初期鍋島輪花皿

初期鍋島輪花皿

初期鍋島輪花皿

1650年代

鍋島藩窯が確立する以前の色絵の珍品です。このような緑と山吹色だけの組合せの作品は、以前は色絵松ケ谷手と呼ばれていましたが、現在では、初期の鍋島の作品と思われています。青手古九谷にも通じる緑と黄色だけの大胆な色使いは、太陽と森を表現しているのかもしれません。
Gallery Togeisha
〒154-0024
東京都世田谷区
三軒茶屋2-51-11
TEL 03-3422-3264
contact@gallery-togeisha.com